クリエイティブな作業に注力できるように
定型的な作業はロボットに任せてください

RPA(Robotic Process Automation)は、業務効率化や生産性向上を実現するテクノロジーです。

自動化による業務の効率化

定常業務、反復作業、単純作業をRPAに代行させることで、よりクリエィティブな仕事やコミュニケーションが必要な仕事に集中できます。

時間・コストの削減

複数の人間が行っていた単純作業をRPAが代行する事で、時間や人件費などのコスト削減につながります。

業務品質の向上

RPAは決められたルールで正確に作業を行なうため、入力ミスや漏れ等が無くなります。
RPAは24時間365日稼働しても疲れる事はありませんので、単純作業の繰り返しでもミスなく正確に遂行できます。

RPA(Robotic Process Automation)が適している業務とは

1.情報が電子化(構造化・正規化)されているもの

業務を自動化する上で、元となる情報がデータとして存在している業務はRPAによる自動化に最適です。紙媒体をデータに変換するツール(AiOCRなど)を利用することで、電子化されていない業務もRPAによる自動化が可能となります。

2.定常的に発生するもの(大量の反復操作を伴うもの)

大量件数の登録や参照を繰り返す業務や、日次・週次など高頻度で実施する業務は、RPA導入による自動化に効果が見込めます。また、人手作業によるミスが発生しやすい業務も業務効率化が見込めます。

3.処理方針や判断ルールが明確なもの

業務手順や業務フローが整理され、目検や人の判断が不要な業務はRPA導入による自動化に効果が見込めます。目検や人の判断が必要な業務に関しましては、部分的なRPA導入をご提案いたします。

導入事例

事例1:注文書の識別・転記作業のロボット利用例

様式が異なる注文書の識別・転記により作業稼動98%減、転記ミスを0(ゼロ)に

事例2:集計データの加工作業のロボット利用例

複数操作が必要となる煩雑な作業も、ロボットにより作業稼働0(ゼロ)に

WinActorのおすすめポイント

Point1:簡単な操作性

業務シナリオの作成・編集を補助する400以上の部品が「ライブラリ」として用意されており、フローチャートにドラッグ&ドロップするだけでシナリオを作成・編集ができます。

Point2:幅広い対応ソフト

4つの認識機能を組み合わせ、あらゆるソフトウェア操作の自動化を実現します。

Point3:リーズナブルな価格帯

「ノードロックライセンス」と「フローティングライセンス」のどちらかをご選択いただきます。
1台からのスモールスタートから組織的な大規模導入まで、お客様のご利用形態にあわせて最適なライセンス形態をご選択いただけます。

価格情報

担当営業までお問い合わせください。